So-net無料ブログ作成
検索選択

電気双極子相互作用 [今日の学習]

書籍 第1巻 量子電磁力学 F.マンドル/G.ショー著 樺沢宇紀訳 丸善プラネット

場の量子論〈第1巻〉量子電磁力学



 


復習

N個の荷電からなる系 非相対論的扱い

次の2つの近似が正等なら、遷移は電気双極子相互作用によって引き起こされると見てよい。
 ・磁場との相互作用は無視できる。
 ・遷移を起こす電場の空間分布を無視する。

 電場   

 電気双極子相互作用  

 ■原子の電気双極子遷移による光子の放射 

 電気双極子能率      (原子内のすべての電子の座標の和)

 

 始状態から終状態への単位時間における遷移確率は

     

 区間(k, k + dk)における同じ偏極状態の状態数

             (本の(1.13)よりΩは立体角)

 kに関して積分を行い、偏極状態の光子を放射する確率が得られる。

 始状態において輻射がなくても遷移確率は0にならない。これは原子からの自発的な光子放射に対応している。

 2つの偏極状態の和を取る。

 電気双極子の選択則は行列要素から生じる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。